東フィンランド大が

中年男性およそ2300人に対して

20年もの追跡調査を行いました



それによると

週4回以上 サウナに入るグループは

週1のグループに比べて

総死亡率が半減していました

最も死亡率が低かったのは 毎日入るグループでした



まとめると



「サウナに入るだけで老化スピードが半減する」



ことが 明らかになったのです

女性にも 同様のメリットがあると考えられます



ただし 日本人のイメージするサウナと違い

ご当地の「ザウナ」は

はるかにハードです



身体を温めたら

外に飛び出し 雪の上を転がります(@_@;)

それを何度も繰り返すのです

03_Finland




目的は 汗をかくより

むしろ「体表面を冷やす」

ことにあります



真冬の北欧で

いきなり 裸で雪の中に飛び込んだら

凍死してしまいます



そうならないために

あらかじめ 深部体温を限界まで高めておき

過酷な寒さに耐えられるようにしておくわけです



細胞は 低温にさらされるなど

ストレスを受けると

生命の危機を感じ

長寿遺伝子の働きが活性化します



例えるなら

ケガをすると その部分の細胞分裂が活発になり

急いで傷を治すようなものです



興味深いことに

サウナの時間が10分以下でも 20分以上でも

総死亡率は 変わりませんでした



このことから

1回 雪の中に飛び込んだ時点で

長寿遺伝子のスイッチが

デジタル的に「オン」になり

効果が長時間続くと考えられます




長時間冷やし続ける必要は ありません

冷えすぎると 免疫力が低下し

むしろ 病気の原因になります



短時間でいいので

毎日繰り返すことが大切です

歯磨きといっしょですね



これを 日本人が再現するなら

入浴の合間に

冷水シャワーを浴びるのが

手っ取り早いでしょう

冬場は 特に効果的です

※体調の悪い時には避けてください



1回だけでも構いません

また シャワーの後は

十分に身体を温めることが大事です



正しい知識があれば

余計なリスクやコストをかけることなく

最大限の若返りが可能なのですヾ(*^▽゜)







セルフイメージ☆シェイプアップ!
https://note.com/makito1renai/n/n15e666668ec6