コロナの話題ばかりでは 気が滅入ってしまうので

たまには楽しい話題を。。。と考えていましたが

石原さとみの感染が発覚したり

南アフリカ型変異株の市中感染が確認されたりと

今週も とうてい

息抜きできる状況ではありませんヽ(;TдT;)ノ







★高齢者のコロナ感染は減っていない




緊急事態宣言により

若者の感染は 大きく減りましたが

肝心の 重症化しやすい高齢者の感染は

さほど減少していません



これは 入所施設や病院での

クラスター発生を

防止できていないためです



すなわち

医療にかかる負荷は

感染者数ほど減っているわけではなく

都内の入院患者は 高止まりしています



医療崩壊は

当面続くと考えるしかないでしょう



この一ヵ月で明白になったのは

ただ感染者を減らすだけでは

医療崩壊を食い止められないという事実です



それが無意味だったというのではなく

対策として

まったく不十分だったということです



短期集中型の対策としては

「感染者数」以上に

「重症者数」を減らすことが大事です



そのためには

若者の会食を減らすといった

間接的な方法だけでは あまり意味がありません



最初から

高齢者へのコロナ感染防止に

努力を集中すべきだったのです



具体的には

職員全員への定期的PCR検査や

換気扇設置への補助金といった対策に

予算を優先させるべきでした







★実際の感染数は発表の3倍以上か



昨年12月に実施された

都民を対象とした調査により

新型コロナ抗体保有率が

0.91%であることが分かりました



ただし ここには

死亡者や 抗体消失者

2種類の検査で1つだけ陽性だった人は含まれません



すなわち 実際の感染率は

12月半ばで

総人口の1%を超えていたと考えられます



ちなみに 発表された感染率は

12/14時点で

0.34%に留まっています



これは 実際の感染者数が

発表の3倍以上に達していたことを示しています




陽性者が2000人の日には

それに倍する 4000人の無症状キャリアが

自由に動き回っていたと

想定する必要があります



これでは

いつまでも収束しないのは当然です



当初から指摘されているように

PCR検査の不足が

改めて証明されたといえるでしょう









★変異ウイルスは小児にも感染する



今回の緊急事態宣言では

休校休園は見送られ

全国2000万の未成年は

ほぼ 平常通りの密な生活を送っています



これは

秋までのデータでは

小児は新型コロナに感染しにくく

重症化もしないと見られていたからです



しかし 気温・湿度が下がる冬は

まるで条件が異なります

案の定 全国各地で

保育所・学校でのクラスターが

多発しています



休校休園に踏み切らなかったのは

菅総理の

大きな判断ミスのひとつでしょう



さらに 埼玉では

児童施設において

10歳未満児6名を含む

イギリス変異株クラスターが発生しました

(感染経路は不明)



濃厚接触者は 60名を超え

さらなる感染拡大は

避けられない情勢です



埼玉県知事は ついに

変異株の市中感染が

広がっているという認識を示しました




マキトは 1/23(2週間前)時点で

「変異株はすでに国内に定着した」と宣言しました

http://makito.livedoor.biz/archives/52068208.html

。。。僕の 不吉な予言は

残念ながら 的中を続けています



変異株は 従来より

感染力が最大7割高いと分かっています

そのため 子どもたちの

誰か1人でも感染すると

他の子に 一気に広がってしまうと予想されます



すでに 埼玉だけでなく

首都圏各地の保育所や学校で

変異株クラスターが発生しているとみるべきです

ただ 調査や検査が間に合っていないだけです



今 休校休園に踏み切らなければ

このまま 保育所や学校が

変異株のエピセンターと化し

春には 第4波が全国を飲み込むでしょう



そもそも 大人でさえ

テレワーク7割を目指しているのに

子どもたちを いつも通り

10割登校させること自体 狂っています




とうてい 解除に向けて

動き出せるような段階ではありません



「変異株はすでに拡大している」

その前提で 全ての対策を

ゼロベースから構築しなおす必要があります






何より 致命的なのは

ワクチン接種の遅れです



世界では 接種回数が

1億回を突破しているのに

わが国では いまだ「ゼロ」ですヽ(  ̄д ̄;)ノ



いつ開始できるのかもわからず

作業にあたる医師すら確保できていません




日本が 医療後進国であることが

世界に知れ渡ってしまいました



ワクチン接種は スピードが命です

新型コロナは 変異が速いため

いち早く接種を進めないと

ワクチンが効かない株が発生するリスクが高まります



その場合

今までワクチン確保のために費やした税金は

全くのムダになってしまいます



かの「アベノマスク」にしても

面積の小さい布マスクでは

感染拡大の阻止に役立たないことが

明らかになっています



まさに 税金を

ドブに捨てただけだったわけです



ここにきて 人流が

再び増加してきています

お願いベースの自粛なので

陽性者が減少すると

「ゆるみ」が生じるのは 避けられません



このままでは 第2波と同様

第3波も長期化してしまいます



やはり 強制力のある休業命令を

所得補償とセットで

法制化すべきです



今のままでは

東京五輪の開催など

夢物語に終わってしまうでしょう




マキト恋愛道場公式メールマガジン
「幸せなセレブになる恋愛成功変身術」無料登録
https://www.mag2.com/m/0000170615.html