AS20190102000633_commL





例年であれば 初詣デートは

年頭の定番かもしれませんが

来年は さすがに

迷っている方が大半でしょう



明治神宮だけでも

三が日の参拝客は

毎年 300万人を超えます

これは 東京都総人口の

1/4にもなります
(@_@;)



世界的に見ても

これほど短期間で

たった一か所に人口が集中するイベントは

例を見ないでしょう



なおかつ 参拝客の大半は

公共交通機関を利用しますから

移動においても とてつもない密が発生します



来年は 分散参拝が

呼びかけられていますが

実際には 土日祝に集中すると見られますから

密の完全回避は不可能でしょう



常識的に考えれば

初詣の自粛は

GOTOより はるかに優先順位が高いはずです



初詣より はるかに規模が小さい

学園祭ですら オンライン開催が徹底されているのだから

初詣だけ強行するのは

筋が通りません
┐('〜`;)┌



にもかかわらず

政府が 初詣の自粛を呼びかけられないのは

ある事情があります



自民党の支持母体は

神道政治連盟 すなわち

神社本庁です



神社仏閣にとって 初詣による収益は

生命線そのものです

(ついでに言えば鉄道各社にとっても重要)



なおかつ 憲法に定められた

政教分離の原則により

政府は 宗教法人に対して

助成金を配ることができません




支持母体を守るために

自民党は 初詣の強行を

黙認せざるを得ません



また 参拝の自粛を呼びかけることは

宗教活動の妨害となり

やはり憲法に定められた

「信教の自由」に抵触してしまいます




つまり 日本政府には

国民の「自発的」宗教活動である

初詣を止める能力が

事実上 存在しないのです



もちろん マスコミも

宗教界全てを敵に回すような

報道はできません



断じて

「安全だから自粛要請が出されない」

わけではありません!




第1波は お花見

第2波と第3波は GOTOが

それぞれトリガーになったとみられますが

第4波は 初詣がトリガーになると

マキトは 予想しています



なおかつ それは

過去最大の規模となるでしょう



最悪の場合 第3波に

そのまま第4波が上乗せされることもありえます



逆に 1月中に

第4波が確認できなかった場合

「野外イベントは感染につながらない」証明となりますので

日本経済にとって 最大の朗報です



。。。ただ その可能性は低く

春のお花見と同じ結果を

招くことになるのではないでしょうか



第4波を防止する

唯一の方法は

神社本庁をはじめとする宗教界が

自ら「2021年初詣の中止」を発表し

自宅の神棚や仏壇への参拝に替えるよう

呼びかけることです



利害を度外視して

人々の幸せを守るのが

宗教本来の使命であるはずです

今は有事なのだから 宗旨を超えて

一致団結すべきです



金儲けのために

信徒を命の危険にさらす。。。

それを「淫祇邪教」「霊感商法」というのですヽ(  ̄д ̄;)ノ



お賽銭が必要なら

オンラインで募ればいいのです

例年よりは 少なくなるかもしれませんが

人手が減る分 コストもかからないはずです



この年末年始 信徒に

どのような呼びかけを行うのか?

それによって 各宗団の

真贋が明白になると言えるでしょう





マキト恋愛道場公式メールマガジン
「幸せなセレブになる恋愛成功変身術」無料登録
https://www.mag2.com/m/0000170615.html