糖質制限で 体重がすぐに落ちることは

よく知られていますよね



これは 体脂肪が減るからではなく

筋肉に含まれるグリコーゲン(糖)が減ることで

同時に水分が失われるためです



あまり 知られていませんが

筋肉は 人体最大の

糖質のタンクです




もちろん 糖は

結晶の状態で存在しているわけではなく

筋肉中の水分に溶け込んでいます



つまり 糖と水分は

筋肉の中で

セットで備蓄されているのです



糖質を制限すると

筋肉に含まれている水分も

同時に減ってしまいます



筋肉は 糖質だけでなく

人体最大の 水分のタンクでもあります

骨の中に溜められないですよねw



筋肉中の水分が減ることは

「全身の水分が不足する」ことを意味します


当然 肌の乾燥も進みます( ̄Д ̄;)



「内側からの保湿」といっても

具体的に 何をすればいいか

ほとんどの人は即答できないと思います



水分を採ることは もちろん必須ですが

それだけでは おしっこが増えるだけですw

水を 筋肉に蓄えておくには

同時に糖質を補うことが欠かせません




特に 運動後

糖質を補わないと

グリコーゲン不足で

筋肉が疲労したままになってしまいます



その状態が続くと

運動不足で 筋肉そのものが減少し

ますます水分を蓄えられなくなるという

悪循環を招きます



一度 グリコーゲンが枯渇すると

元通りにチャージするまで

半日かかると言われています



運動の最中や直後には

スポーツドリンクなどで

速やかに水分・糖分を補うことが求められるのです



そして 今の時期

最も恐ろしいのは

「粘膜の乾燥」です



空気が乾燥すると

風邪をひきやすくなりますよね?

これは 粘膜の水分が奪われて

免疫力が低下し

ウイルスの侵入を許してしまうからです



筋肉の水分が足りないと

当然 粘膜の水分も不足するので

感染症リスクは 間違いなく高まります




今 糖質制限を行うのは

自ら 新型コロナ感染リスクを

高めるようなものなのです



ダイエット目的ならば

カロリーを減らせばいいのであって

それには 燃えやすい糖質より

燃えにくい脂質カットのほうが適しています



この冬は

ワクチン無しで新型コロナを乗り切ることになりそうです

内側からの保湿で

少しでも免疫力を高め

感染リスクを下げていきましょう!ヾ(*^▽゜)





マキト恋愛道場公式メールマガジン
「幸せなセレブになる恋愛成功変身術」無料登録
https://www.mag2.com/m/0000170615.html