案の定 緊急事態宣言の延長が決まりました



登校中止の長期化に伴って

9月入学が議論されていますが

それまでにコロナが終息するとは思えないし

今から準備が整うかも微妙です(=_=;)



僕が 公衆衛生の面から

特に問題だと考えているのは

学校における

「雑巾がけ」の文化です



おそらく 皆様の家庭や職場で

「素手で床を雑巾がけしている」ケースなど

ほぼ皆無でしょう

普通 モップですよね?



学校だけは いまだに

それをやらせているのです

なぜ問題視されないのか

この国は摩訶不思議すぎます(?_?)



そもそも 校舎の清掃は

「労働」であるため

児童生徒が 無償で清掃するのは

アジアだけの文化です

通常は業者の役割です



アジアにおいて

清掃が教育だと考えられているのは

「禅」の影響が大きいでしょう




禅には

心を無にして作務に没頭することが

悟りに至る修行だという思想がありますが

教育の目的は 悟りを開くことではないのでw

修行はお寺に任せましょう



清掃が 本当に

児童生徒の情操や成績にプラスになるのか

立証されたことはありません

賃金も支払われず

憲法で禁じられている「苦役」に該当する可能性もあります




ans-232268250

DSC00289

que-1171932231

これが教育?




いっそ 業者に委託したほうが

雇用創出にもなるし

学習時間も増やせます



100歩譲って

児童生徒が清掃を担当するとしても

令和の時代に 雑巾がけのスキルは

必要でしょうか?



そもそも 床をふいた雑巾は

雑菌だらけなので

毎回 熱湯消毒したり

洗剤で洗って天日干しする必要があります



しかし 実際には

バケツの汚水で半端に絞って

日陰干しするだけです



。。。これでは

雑巾を「温床」として

雑菌を「培養」しているだけ
でしょう( ̄Д ̄;)

否定できませんよね、理科の先生方?



こうした雑巾で 毎日床をふくのは

雑菌を 床中広げているに過ぎず

かえって不衛生です



特に 素手での雑巾がけは

ささくれなどから 雑菌が入り込むリスクが高く

ただちに禁止すべきでしょう

最悪でも 空ぶきのみにすべきです



この現状に

新型コロナが重なれば

何が起こるか 目に見えています



誰かの雑巾に付着したウイルスが

雑巾がけで 床一面に拡散され

それをふいた別の雑巾も

コロナに汚染されます



それを 素手で扱うわけですから

事実上 全校の児童生徒が

感染リスクにさらされます



コロナ感染した児童生徒が

自宅で家族に広げてしまえば

もはや 収拾がつきません



これを機に

学校での雑巾がけを全廃し

せめて モップ使用とすることが

望まれるでしょうヾ(*^▽゜)







追記



緊急事態が長期化すれば

10万円給付1回では とても足りません

追加給付が不可欠です



その際には

コロナの経済的打撃が比較的少ない

年金・生活保護受給者を除外し

1世帯20万円給付などの

選択と集中が必要でしょう




※記事の拡散を希望します





マキト恋愛道場公式メールマガジン
「幸せなセレブになる恋愛成功変身術」無料登録
https://www.mag2.com/m/0000170615.html