コロナの影響で 3連休も出歩けず

つい ゴロゴロしながらお酒の人も

いるかもしれませんが

今回は 恐るべき

お酒の副作用についてのレポートです



アルコール(エタノール)が

脳細胞を溶かしてしまうことは

今では よく知られています



一番強いブロック注射は

100%アルコールです

神経細胞は 脂肪でできているので

アルコールで 完全に溶けてしまいます



そのため

妊娠中にお酒を飲むと

胎児の小さな脳が溶けてしまいます
(/□≦、)

ninpu_osake-300x300




即死しないまでも

脳が 正常に発達できず

生涯にわたって

大きなハンディを抱えることになります



今日では サイコパスも

先天的な脳障害の一種であると考えられています



サイコパスには 生まれつき

・前頭前野
・偏桃体
・左海馬


などが 小さい傾向があります



前頭前野は

薬物使用でも 後天的に委縮しますが

エイドリアン・レインの調査によると

サイコパスの前頭前皮質は

薬物中毒者と比較しても

14%も小さかったそうです



このことから

サイコパスの前頭前野は

一般人より

2割以上小さい可能性があります



その一方

左右の脳を結びつける「脳梁」については

サイコパスが 一般人より

発達していました



これは 

先天的な脳の小ささを補うための

補完的適応だと考えられます



特に

海馬の大きさが左右で異なるのは

後天的要因では説明できず

先天性が強く疑われます



そして この特徴は

妊娠中 母親が

大量飲酒していた子どもにも

共通する特徴なのです



このことから

サイコパスが生まれる原因のひとつが

「妊婦の飲酒」である可能性は

否定できません



東洋より 西洋に

サイコパスが多いのも

妊婦の飲酒率が

関係しているのかもしれません



もし

サイコパスが遺伝なのだとすれば

両親がその遺伝子を持っていない限り

子どもがサイコ化することはないはずです



しかし 遺伝に関係なく

妊娠中の飲酒が原因だとすれば

誰の子どもがサイコ化しても

おかしくないのです|||(|||゚Д゚|||)|||



伝統社会においては

女性の飲酒・喫煙・喫茶が

タブー視されてきました



日本の女性が

普通にお酒やコーヒーを飲むようになったのは

最近のことです



それは おそらく

長い経験の中で

アルコール・ニコチン・カフェインが

胎児に有害であることを

知っていたからなのでしょう



こうした薬物には

依存性があるため

嫁入りして すぐに止めようとしても

止められるとは限りません

最初からやらないのがベストです



伝統社会のルールは

女性差別だけではなく

科学的合理的な知恵を含んでいるのです



「恋愛・結婚生活の失敗の半分以上は、お酒に起因している」



これが マキトの結論です



もはや お酒は

タバコなどと同じく

「時代遅れの嗜好品」です



何より 女性の場合

適量内の飲酒でも

乳がんリスクを高めてしまいます

安全な飲酒量などというものは

存在しません




中途半端に減らすのではなく

思い切って

完全に禁酒してしまうのがベストでしょうヾ(*^▽゜)





マキト恋愛道場公式メールマガジン
「幸せなセレブになる恋愛成功変身術」無料登録
https://www.mag2.com/m/0000170615.html