秋も深まり ストリートでは

ブラウン(茶系)コーデを

見かける機会が増えています


cl000000013298_1447724217711


w300_w_g




確かに

ブラウンを着こなしていると

オシャレ上級者に見えます



ただし

ブラウンコーデには

「老けて見られやすい」という

リスクも存在します




これは 茶色が

肌の「糖化」を

連想させてしまうためでしょう



糖質や脂質 アルコールを採りすぎると

全身の細胞の糖化が進みます



肉を焼くと

こんがりこげ茶色になりますよね?

あれと同じ化学反応が

何十年もの時間をかけて進行するのです

01_img_02




肌の糖化が進むと

弾力を失い 茶色がかってきます( ̄□ ̄;)

いわゆる くすみです



隣接する色は

離れると 混じって見えやすいため

茶色を着ると

肌も 茶色く見えやすくなるのです



同様に グレーも

老けて見られやすい色のひとつです

やはり 白髪を連想させてしまうためでしょう



輝度の高いシルバーならば 大丈夫ですが

くすんだグレーは デートコーデとして

お勧めできません



これは 勝負下着も同様です

ブラウンとグレーは避けましょう



パーソナルカラー(正確にはパーソナルトーン)も

注意が必要です



確かに

自分に合ったトーンを選べば

肌の透明感が増すので

基本的には 意識したほうがいいでしょう



ただ

いつも彩度の低いオータムばかり着ていると

清潔感を出しにくく

年齢も 高めに見られます



実を言うと

本当にブラウンが似合うのは

「若い男子」なのです



20くらいの男子学生が

ブラウンコーデでキメれば

彼らの年齢で 不足しがちな

「大人の落ち着き」オーラを出すことができます

22794390_128390077868134_1421321995278090240_n




ただ 女子の場合は

大人の落ち着きが 性的魅力として

むしろ マイナスに働きやすいため

ブラウンで モテオーラは上がらないのです



なお ベージュならアリです

もともとの肌色に近く

さほど違和感はありません



男子目線では

「可愛ければ何でもいい」のでw

実は デートファッションにおいて

さほど 季節感を意識する必要はありません

一年中ピンクでOKです



つまり 春物と秋物で

着回しできるということです



ファッションの世界では

デート目的においては

意味のないコードが たくさん存在します



そのような「雑音」に惑わされず

本当に意味のあるファッションに集中していただくことが

今月いっぱいで販売停止になる

「恋愛ファッションの奥義2018」を書いた目的ですヾ(*^▽゜)

http://www.dlmarket.jp/products/detail/617328






マキト恋愛道場公式メールマガジン
「幸せなセレブになる恋愛成功変身術」無料登録
https://www.mag2.com/m/0000170615.html