皆さんは「コミPo! 」という

マンガ作成ソフトウェアをご存知でしょうか?



ゲームでアバターを作る要領で

3Dキャラを作成し

ポーズや表情を選んで

背景とセリフをつければ 完成です

自分で絵を描く必要は 一切ありません!

JSDL0014_300


https://pcshop.vector.co.jp/service/catalogue/comipo/



要は

ネームさえ描ければ

どんなに絵がヘタな人でも

作品を完成させることが可能なのです



もちろん商業利用も可能なので

「コミPo! 」で描いたマンガを

販売している作家も 大勢います



おそらく 今後も

マンガ作成ツールは ますます進化していくでしょう

10年後には

個人で カンタンなアニメを作成できる時代になっているはずです



この進化が 意味するのは

プロのマンガ家やアニメーターが描く作品と

素人が ツールで作成する作品とで

作画クオリティに 差が無くなることです



今まで マンガ家志望の少年少女は

まず イラストの練習をするのが基本でした

何千時間も修行して

ようやく プロのスタートラインに立てたのです



。。。しかし 今後は

何年もかけて磨いたイラストの腕が

ほとんど 役に立たない時代が

やってくるかもしれません<( ̄口 ̄||)>



つまり あなたが

マンガ家を目指すのであれば

修行すべきは 上手なイラストではなく

「面白いネーム(ストーリー)」なのです




それこそが 今後

プロと素人を隔てる

決定的なスキルとなります



実際 売れているマンガ家で

絵がヘタな人は いくらでもいますw



今 NHKで

「進撃の巨人」のアニメを放送していますが

原作とは比較にならないほど

作画のクオリティは高いです



だからといって

アニメーターに 原作者の代わりは務まりません

マンガ・アニメの世界では

「ストーリーの創造主」こそ 神です



いざとなったら

絵は 上手い人に任せて

あなたは 原作に専念すればいいのです



プロデビューのルールも

20世紀とは 大きく変わっています



Amazonキンドルでは 誰でも

自作マンガを無料公開できます

https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/manga



ここでテストして 人気を得られれば

有料出版にチャレンジすればいいわけです

印税率は 最大70%にもなります!

1本でも売れれば

あなたも 立派なプロのマンガ家です



出版社に持ち込みを重ねる時代は終わり

直接 読者に評価してもらえる時代が

すでに到来しています



皆さんの中にも

絵が描けなくて

マンガ家を諦めた人は少なくないはずです



。。。しかし もう

そんな必要はありません!

人生は

夢を実現するためにあるのですヾ(*^▽゜)





☆ストーリー創造の極意
https://www.dlmarket.jp/products/detail/458936