突然ですが

20歳と70歳の身体では

何が一番違うか 分かりますか?



平均体重は

20歳も70歳も さほど変わりません

身長も 少し縮むだけです



最も異なるのは

「筋肉と脂肪のバランス」

なのです



20代(女子)では 平均して体重の4割が筋肉なのに

70代では 半分の2割程度に減ってしまいます

筋肉が 半分も脂肪に置き換わってしまうのです<( ̄口 ̄||)>



同じ重さでも

脂肪は 筋肉より

2割ほどかさばります

だから 体重をキープしているはずなのに

年々 お腹周りが太くなっていくのですw



逆に考えると

70歳でも 20歳当時の筋肉量を維持できていれば

身体能力はもとより

スタイルも 20歳水準を

キープできる計算になります!(*^o')b

CssIM3TVMAAo0Pd




事実

高齢でもボディビルダーとして活躍する選手は大勢います

筋肉は 本来

何歳になっても増やせるのです

0faea26b




それなのに ほとんどの人が

加齢と共に 筋肉が減っていく

最大の理由は



「筋肉そのもののアミノ酸吸収力(スピード)が低下する」



ためであると考えられます



つまり

若い時と同じ量のたんぱく質を食べて

運動を続けていても

吸収率が低下しているために

筋肉が だんだん痩せていってしまうのです



。。。ただし これは

「たんぱく質の摂取量が変わらない」

という前提での話です



加齢と共に

たんぱく質を「増やして」いけば

20歳の筋肉量を維持できる計算になります




もちろん この場合

カロリーオーバーにならぬよう

脂質と糖質の摂取は 逆に減らしていきます

というか 自然に減るはずです



70歳になったら

20歳当時の「倍」のたんぱく質を

摂取すればいいわけです



吸収に倍の時間をかければ

20歳当時と 同じ量のアミノ酸を

筋肉に取り込めるはずです

小分けに食事をとり

血中のアミノ酸濃度を 常に高くキープすることが大切です



日本人女性は

せいぜい 1日50g程度(サラダチキン2個分)しか

たんぱく質を採っていないので

スタイルをキープするだけなら

1日100gで足ります



日本人は シンプルに

「量で解決する」という思考が苦手です



不妊治療にせよ

一番効果的なのは

「セックスの回数を増やす」

ことです



35歳では 妊娠率が

20代の半分にまで落ちますが

これは あくまで

「セックスの回数が変わらない場合」の話です



若い時の 倍のタネを回収すれば

妊娠率をキープできる計算になります

医者にかかる前に

ちょっと頑張ってみてくださいw



。。。話が反れました

肝心なのは

高齢になっても

消化器の機能はさほど落ちない、という事実です



仮に

胃腸の消化力そのものが

70歳で 半分に落ちてしまうとしたら

カロリーを吸収できないので

体重も 半分になるはずです



しかし 体重そのものは

20歳も70歳も大差ないので

胃腸の機能は

高齢者でも 若者に劣らない
ことになります



また余談になりますが

マキトの祖母は 90歳の時

70kgありました

。。。僕でも 70kgなんて

一度もなったことありません^^;



つまり カロリーベースでみると

90歳でも 若者以上に

食事を消化できるのです

問題は 栄養バランスです



通常

摂取カロリーの2割弱を

たんぱく質で採るように推奨されていますが

40代なら 3割

70代では 4割を

たんぱく質から採るべきなのです

※腎機能に障害がある人は、たんぱく質の摂取を制限する必要があります。検査は毎年受けるべきです



健康な人であれば

1日100g程度のたんぱく質は

問題なく消化吸収できます



もし この程度の量で

過剰摂取になってしまうとしたら

アスリートは全員病気になっているはずですw



最近では

高齢者のプロテイン摂取が推奨されています

ようやく 時代が

マキト恋愛道場に追いつきつつあります



「セルフイメージ☆シェイプアップ!」は

未来を先取りした

21世紀のアンチエイジングなのですヾ(*^▽゜)



7/11から値上げします
「セルフイメージ☆シェイプアップ!」
https://www.dlmarket.jp/products/detail/610529