7/11から値上げします
「セルフイメージ☆シェイプアップ!」
https://www.dlmarket.jp/products/detail/610529




「セルフイメージ☆シェイプアップ!」を

購入されたクライアントから

こんなご質問がありました




☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆



レポートに書いてある通りに腹筋運動を続けていると、
お腹ではなくウエストラインから背中側がだんだんキツくなってきます。
くびれのラインに沿って筋肉痛になったのですが、正しく腹筋運動できていますか?




☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆




通常の腹筋運動(上体起こし)

いわゆるシットアップは

椎間板に大きな負担をかけるため

今では 推奨されていません



そこで 最新レポートでは

腰を痛める心配がない

マキト式の腹筋運動をご紹介しています



そして レポートに書き忘れたのですがw

マキト式腹筋は

普通の腹筋より

「広範囲を同時に」鍛えることができます



普通の腹筋で鍛えられるのは

主に 大腰筋と腹直筋です



マキト式は

それに加えて

腹横筋・腰方形筋・脊柱起立筋など

ウエストを取り囲む体幹の筋肉全体を

同時に強化できます(v^-゜)



こうした筋肉は

日常で あまり使用されていないことが多いため

人によっては

お腹の「前」ではなく

横や後ろが筋肉痛になるわけです



ウエストを取り囲む これらの腹背筋群は

内臓の位置を

縦長にキープする役割を果たしています



つまり ウエストは

「筋肉をつければつけるほど、逆に細くなる」

場所なのです!(@o@)



これが 意味するのは

筋肉をつけるほど

女性らしい メリハリボディが手に入るということです



腹背筋群が衰えると

内臓が ドテッと下がってしまうので

やせ体形でも 寸胴になってしまいます



このパターンの人は

これ以上減量を頑張っても くびれは復活しません

餓鬼のように

お腹だけが ポコンと突き出すだけです



たんぱく質をたっぷり食べて

筋肉を鍛え直すしかないのです



最新レポートでは

美容筋を 何か所も同時に鍛えられる

綿密に計算されたエクササイズを

多数ご紹介しています



できる限り 全身運動にしてあるので

全部実行できなくても

ひとつだけで 効果はありますよ!ヾ(*^▽゜)



7/11から値上げします
「セルフイメージ☆シェイプアップ!」
https://www.dlmarket.jp/products/detail/610529