↓ご感想をいただきました!

今までダイエットのため、糖質制限や有酸素運動に励んできました。

それでも、年齢と共に体重が増えることは防げず、ずっと悩んでいました。

けれどこのレポートを読んで、リバウンドの本当の原因が分かり、長年の疑問が一気に解消されました!

それだけでなく、二度とリバウンドに悩まない本当のダイエットが詳しく紹介されていて、本当に素晴らしい内容です。

全ての女子に読んでほしいレポートです。

さくら


DLmarketで購入
ゴロ寝しながら痩せられる「セルフイメージ☆シェイプアップ!」









最近では 水分補給に

スポーツドリンクを飲んでいる方も

少なくないと思います



しかし これは

むくみや肥満の原因となり

かえって 身体に悪いのです(゜〇゜;)



スポーツドリンクは

点滴の成分を参考に開発された商品で

塩分と糖分を含んでいます



日本人は 平均的に

毎日10g以上の塩分を採っていますが

その9割は 必要ないので

尿や汗から排泄されています



しかし 腎臓で一度に作れる尿の量には 限りがあります

排泄しきれない塩分は 水分と共に

体内に滞留します



これが「むくみ」です

血管中に滞留する場合は「高血圧」となります



むくみが慢性化すると

皮ふが延びてしまいます

顔をはじめ 全身をたるませてしまいます|||(|||゚Д゚|||)|||



もっともむくみが出やすいのが

ふくらはぎです

まさに 美脚の天敵と言えるでしょう



あまり 知られていませんが

塩分(ナトリウム)は

一部の野菜や果物を除く

ほぼ 全ての食品に

最初から含まれています



普通に食事しているだけで

どうしても 毎日数gは

塩分を採ってしまうのです

これは 必要量の「数倍」です



したがって

断食でも続けない限り

塩分が不足することは まずありません



「塩分摂取が少ないグループは死亡率が高い」

という統計もあるようですが

それは 単純に

栄養失調でしょうw



塩分とは 原則として

「意識的に採る必要が無い栄養素」なのです



むくみのひどい人は

調味料のしょうゆや塩コショウを

レモン果汁やショウガに替えるだけで

数日以内に 体重が落ちます!

もちろん これは健康的な減量です



ここまで読んでいただければ

おわかりかと思いますが

もともと 過剰な塩分を採っている日本人が

スポーツドリンクで 改めて

塩分を採り直す必要など ないのです

真水や麦茶で十分です



少なくとも

日常生活の中で

スポーツドリンクが必要なケースは

まず 無いと考えてください



万が一 非日常的な

大量の発汗や下痢(一度に数リットルの脱水)で

塩分が不足した場合でも

塩を舐めるだけでいいわけです

「水」と「塩」だけですから コスパは最高ですw



自力で 何も飲み食いできないほど

意識もうろうとしている場合には

点滴の出番なので

やはり スポーツドリンクに用はありませんw



さらに スポーツドリンクには

飲みやすくするため

かなりの糖分が含まれています

9a19df55




これは 血糖値を急上昇させるため

日常的に飲めば 太るだけでは済まず

糖尿病になってしまいます(゚д゚lll)



ジュースが太りやすいことは

誰でも知っています

にもかかわらず 同等の糖分を含むスポーツドリンクは

健康イメージが先行して

あまり 警戒されていません



このように スポーツドリンクは

文字通り スポーツの最中を除いて

飲む機会がない 否

「飲んではいけない」特殊な商品なのです



それ以前に スポーツドリンクは

水に 塩と砂糖を入れるだけで

誰でも 手軽に自作することができます

原価なんて 一杯1円未満です

お好みで重曹やクエン酸を足してもいいでしょう



高いお金を払って

購入する必要は 皆無なのです



飲料メーカーは

巨額の広告宣伝費を使って

スポーツドリンクが体にいい飲み物だと

大衆を「洗脳」しています



それは

原価の100倍とかで売れるわけだから

どんなに派手に宣伝しても 元は取れますよねw



マスコミも 広告費を受け取っているため

スポーツドリンクの危険性・不必要性を報道することは

タブーとなっています



マキトが タブーをガン無視して

真実をズバズバ書けるのは

いかなるメーカーやマスコミとも

一切のしがらみが無い

独立系の個人ライターだからです



むしろ しがらみをつくらないよう

エサをくれそうなw大企業とは

意図的に 距離を置いてきました



流行り廃りの激しい

ネットの世界で

10年以上 このメルマガが続いたのは

読者の皆様のメリットを

第一に考え続けてきたからだと

自分では 思っています



今回の記事は

全ての飲料メーカーを

敵に回す内容となっています



あ 製塩メーカーもですね(^_^;)



もし 急に

このメルマガが届かなくなったら

「マキトは消された」と思ってくださいw





※啓蒙目的での転載を認めます









有酸素運動がリバウンドの原因だった!
1日3時間以上歩くと老化が進む
やせ型の人は糖質制限してはいけない
ゴロ寝していてもカロリーは消費されている
標準的な食生活では栄養失調になる
正しく痩せたければまず「増量」すべし!
「片足スクワット」ができるまでは減量すべからず
ダイエットと減量を混同してはいけない
従来のダイエットの最大の欠点とは?
なぜ、満腹なのに体重がどんどん落ちていくのか?
年齢が上がっても基礎代謝を高めることは可能
女子はジョギングしてはいけない!
まったく疲れない体操で体脂肪を減らせる!
「あの薬」で胸が大きくなる!
バストサイズは70cmあれば十分だった
二重まぶたは老化現象
あなたの理想体重が一目でわかる!
毎日好きなだけ食べていい超ヘルシー食材リスト
水を飲むだけでカロリーは消費される
カフェインとアルコールがしわの原因
スポーツドリンクは必要ない
あえてプロテインをジュースで割る理由
あのサプリは奇跡のやせ薬だった!
半数の女性に「●欠乏性肥満」の可能性
リバウンドを防ぐには毎晩夜食を食べなさい!
「生野菜は体を冷やす」はエビデンスが無い迷信
7割の女子に「睡眠不足性肥満」の疑い
老化のペースは枕次第
1秒でしわやたるみを解消する方法
イメージだけでホルモンが増える
ホルモンバランスはセルフイメージで決まる
ジムやエステに通う必要はない
「美容への投資」は決してあなたを裏切らない
基礎代謝が落ちる本当の理由
スキニーボディは、本当は太りやすい
隠れ肥満の見分け方
隠れ肥満は「寝たきり予備軍」
上向きの美乳を手に入れるには?
トップグラドルの意外な平均スタイル
理想の体脂肪率は?
胸が小さくなったらダイエット失敗
低体温は老化のシグナル
体温が下がると乾燥肌が悪化する
なぜボディビルダーは減量が得意なのか
いきなり筋トレを始めるべからず
ほとんどのダイエッターは栄養失調で寿命を削っている
食事を「減らす」のではなく「選ぶ」ことが大事
肉だけで太ることはまずない
最もコスパの高い超ヘルシー食材は?
牛より豚のほうが太りにくい
卵はがん死亡リスクを高める
塩分の不足はほとんどありえない
朝の不調は「脱水症状」だった!
むくみを取るには水分ではなく塩分を制限すべし
糖質制限は筋肉を分解してしまう
フルーツは肥満を防ぐ
巨峰ひと房のカロリーは食パン1枚未満
デート中にソフトやパフェを食べるのは正解
「脂質では太らない」は本当か?
お刺身は筋肉になりやすい
噛むだけでカロリーが消費される
お菓子を食べるなら午前中
目元・口元はスキンケアの効果がすぐ出る
ブロッコリーを生でかじるべし
キャベツ一枚で空腹は収まる
カロリーを燃焼してくれる薬味とは?
お酒を飲むほど老化が進む
喫煙女性は閉経が数年早まる
マキト自身が成功した意外な禁煙法とは?
成長ホルモンを増やすには?
毎日筋トレしているのに筋肉が増えない理由
足腰のトレーニングだけでも構わない
フルスクワットは膝を痛める
なぜスプリンターはカモシカのような美脚なのか
上体そらしは理想的な全身運動
腹筋運動は腰を痛める
猫背も反り腰も顔をたるませる
女性ホルモンの分泌を高める簡単な運動とは
上半身のトレーニングは後回し
くびれをつくる「ドローインツイスト」
軽い体操で筋肉を増やす奇跡のトレーニング!
遅筋より速筋を鍛えるべし
女性の服装が伝統的に「走りにくい」深い理由
3分座るだけで100kcal消費する方法
暑い日はあえてシャワーだけで済ませてもよい
最初に試すべき補正下着は?
ノーブラで寝てはいけない理由
スタイル補正の最大のチャンスとは?
頭蓋骨はとても歪みやすい
なぜ小顔女子ほど歯並びが悪くなるのか
成人でも歯列矯正は可能
日焼け止めだけでは不十分
顔がたるむ意外な原因
本当にしわを改善できるコスメはこれ!
マキトはこうしてしわを消している
しわ取りテープの前にこれを試して!
男子は傷跡を意外に気にしていない
左右対称が美の条件ではなかった
マキトが実験した美白に有効なクリーム
脳だけでカロリーの2割を消費している
あなたのスタイルは友人たちに同化していく
絵を描くだけでセルフイメージは変わる
服選びがシェイプアップのポイントだった
年齢が上がるほど露出を上げなければならない
臍下丹田をイメージすれば老化が遅くなる
イメトレだけでも筋肉は増える



ゴロ寝しながら痩せられる
「セルフイメージ☆シェイプアップ!」
https://www.dlmarket.jp/products/detail/610529





※予告なく値上げ・販売停止を行う場合があります。お求めはお早めに!