今回は 誰にでもできるのに

「ほとんどの人が実行できていない」

最先端のダイエット&アンチエイジング法をお伝えします!



2003年に海外で行われた実験によると

22度の常温水を 500ml飲んだ後

被験者たちの 安静時のカロリー消費量は

およそ100分の間 3割も増加したそうです



すなわち

有酸素運動などしなくても

「水を飲むだけで」カロリーを消費できるのです!(@o@)

clean-water-act-690




このメカニズムは 主に2つ考えられます



人体は 代謝のあらゆる場面において

水を必要とします



水を飲むと 代謝が活発になるので

カロリーが消費されるわけです

これがひとつ目です



もうひとつの理由は

「水温」と「体温」のギャップです



人体の半分以上は 水分でできています

もし 水を飲んだ後に

水分が 体内で常温を保ったままだったら

どんどん体温が下がり 凍死してしまいます



なので 飲んだ水は

必ず 速やかに

体温と同程度の

ぬるま湯に温められます



温める時に

かなりのカロリーが燃焼されるのです



もちろん 温めた後も

温度を「維持」するため

カロリーは燃焼され続けます

これが いわゆる基礎代謝です



1日 汗をかかずに過ごした場合でも

人間は 最低2リットルの

水分補給を必要としています



食品に含まれる水分を500mlとすると

午前・午後・夜に

それぞれ 500mlの水を飲む必要があるのです

もちろん 汗をかいたら追加しましょう



特に重要なのは

「朝の水分」です



寝ている間は

水を飲めないので

脱水が進みます

寝汗は ひと晩平均500ml

夏場は 1リットルに達します



その上

代謝によって 体内の水分が

強制的に ぼうこうに移動してしまうので

朝の脱水は 極限に達しています(>д<)



朝起きて すぐ鏡を見ると

お肌が 悲惨な有様なのはw

乾燥で 全身干からびているからなのです

内側からの保水が急務です



したがって

「朝はコーヒー一杯だけ」という手抜きは

絶対やってはいけません!



失われた水分を取り戻すには

とても 量が足りていないし

カフェインは 水分をさらに奪ってしまいます



珈琲党のあなたが いつも

午前中 調子が悪い原因は

「脱水症状」だったのです!
( ̄□ ̄;)



こんな生活を続けていたら

偏頭痛だって治らないし

小じわが増えるのも 当たり前です



カフェインには

アドレナリンを分泌させて

脂肪の分解を促進する作用がありますが

副作用も大きいので

できる限り 避けるべきです



カフェイン入りの飲料は

おしっこを増やすだけなのでw

水分補給にカウントしないでください

お茶やコーヒーは デカフェ限定です



スポーツドリンクも

過剰な糖分・塩分接種の原因となるので

避けましょう



実際 減塩を続けていると

スポーツドリンクは しょっぱくて

飲めなくなります



お酒は論外です!

朝コーヒー・昼ポカリ・夜お酒では

利尿剤を 一日中飲み続けるようなもので

脱水が進む一方です



要するに

憎たらしい(笑)小じわを消したければ

ナトリウム・カフェイン・アルコールを含む飲み物は

口にしないことです


※微量であれば問題ありません



基本的には

水や麦茶が 一番安心です

水道水で十分です

一度沸かせば カルキも飛ばせます



温度も ポイントです

冷たすぎると お腹を壊してしまうし

お湯だと カロリー燃焼が進みません

やはり 常温が基本です



コアラなど ごく一部を除いて

あらゆる生き物は

常温の水を飲んで生きるように進化してきました

ヒトも 例外ではないはずです



もちろん 体調が悪い時は

無理をせず 温かいものを飲んでください

まず 量を飲むことが優先です

朝イチくらいは

デカフェのホットコーヒーでもいいでしょう



寝る前に

あらかじめ 水分を採っておくことも大切です

入浴後は 特にです



むくみが気になる人は

水分ではなく「塩分が」過剰なのです

トイレが近くなるのも

水分ではなく カフェインやアルコールが原因です



就寝前に

限界まで水分を補っておきましょう

この場合は ぬるま湯のほうが

たくさん飲めると思います



そもそも 身体に「水」が足りていなければ

健康も 美容も 実現できるはずがありません



まして

コーヒーやお酒が小じわの原因だったなどとは

ほとんどの人が 初耳だったはずです



いまだ ほとんど知られていない

最先端の科学的ダイエット&アンチエイジング法を

最新レポート内で たっぷりご紹介していますヾ(*^▽゜)








↓モニターの方から感想を頂きました!

前作のセルフイメージダイエットを読んでから、たんぱく質を多く摂るように気をつけていました。
そのおかげなのでしょうか。私はアラフォーなのに、いまだに学生に間違えられますw

バスト82cm(ブラのサイズはEカップ)、ウエスト61cm、ヒップ96cmと、しっかりくびれもキープできています。

それでも最近、体重・体脂肪が少しずつ増えはじめ、このままだとまずいなーと思っていました。

このレポートを読んで、たんぱく質の摂取量が全然足りていないことがわかりました。
前作よりもどのような食品をどれだけ食べればよいのかが詳しく書いてあり、とても参考になりました。

これからは筋トレもプラスして、しっかりバルクアップし、アラフィフになっても学生に間違えられるくらい若々しい肉体を手に入れたいと思います!

美咲



ゴロ寝しながら痩せられる
「セルフイメージ☆シェイプアップ!」
https://www.dlmarket.jp/products/detail/610529



※予告なく値上げ・販売停止を行う場合があります。お求めはお早めに!