とうとう「君に届け」が

12年間の連載に幕を下ろしました

8c917a37




ちょいネタバレになってしまいますが

くるみに 新恋人が現れないまま終わって

安心しました



「君に届け」を傑作にした

最大の功労者は まぎれもなくくるみです

kimitodo14001




彼女は 悪役でありながら

風早への純粋な想いは 爽子に勝るとも劣りません

風早の幸せのために あえて

爽子の背中を押したという見方もできます



いわば

女子の最も醜い部分と 美しい部分を併せ持つ

究極のキャラクターです

ある意味 最も人間くさく

「くるみが私のアバターだ」という読者も少なくないはずです



そのくるみが あっさり

風早を忘れて

他の男に乗り換えてしまったら

作品の魂を放棄することになってしまいます



恋愛も勝負です

幸せをつかんだ爽子の影で

「敗者は全てを奪われる」という恋愛のリアルを

一身に背負うのが くるみという存在なのです



青春の残酷さを克明に描いていることも

本作品の ぜひ注目したいポイントです





それはともかく

中盤以降の「君に届け」が

凡作になってしまったのは残念です

これから作品を読む人は

10巻までで十分でしょう



ラブコメ全体の課題として



「カップル成立までが面白さのピークで、後は下がる一方」



という宿命があります

史上最高のラブコメと言っていい

「君に届け」でさえ

このジンクスを覆すことはできませんでした



結果としては

カップル成立した時点で

連載を終了するべきでした



もし それでも続けるのであれば

もっと 恋愛のリアルを描く必要があります



現実の恋愛は

「付き合ってからがスタート」です

そこから大喧嘩したり ライバルが現れたり

別れたり 復縁したりと

ドラマにすべき題材は いくらでもあります



本来は そうした恋愛のリアルを教えることが

少女マンガの役割であるはずです

「カップル成立で一生ハッピーエンド」では

むしろ「子供だましマンガ」ですw



もちろん この場合

ドロドロした展開になりがちですが

最終的には作家の力量次第です

椎名軽穂ほどの力量があれば

十分 さわやかに仕上げられるはずです



マキトは 以前

「くるみがスキを見て爽子から風早を奪う」
「それを爽子が奪い返す」

という展開を提案したことがあります

これを続ければ ずっと盛り上がりを維持できます



2人の友情は

なれ合いではなく 真剣なライバル関係が土台となっています

であれば この究極の三角関係も

さわやかに描き切れるはずです



しかし こういう展開は

ラブコメにおいて タブーとされています

そのようなタブー(自主規制)でがんじがらめになって

面白い話を作れなくなっているのが

今の業界の現実です



「そこそこに面白ければ売れるんだから、あえてタブーにチャレンジする必要はない」

そんな事なかれ主義が

「君に届け」中盤以降にも顕著に表れています

ラブコメほど怠惰で マンネリ化しているジャンルはありませんヽ(  ̄д ̄;)ノ



先日 たまたま

70年代のラブコメ(里中満智子)を読む機会があったのですが

中学生のヒロインが 大学生と恋に落ちる話でした

今ならネーム段階で即ボツでしょう

そもそも女子高生と大学生でもまずいですからね



つまり 昔の少女マンガのほうが

今よりずっと自由であり

時代とともにむしろ「退化」しているのです



事実

「ベルばら」や「愛と誠」に匹敵する

骨太なラブストーリーを

現代に見出すことはできません

0002a


145352406959312107180_o0504032612009605719





これが 何を意味しているかというと

先人たちが代々培ってきた「創作のレシピ」が

今日に受け継がれていないということです

プロの作家でさえ

古典の名作を勉強していないのです



声優の鶴ひろみさんが急逝されて

ファンにショックが広がっていますが

彼女が ヒロイン鮎川まどか役を演じた

「きまぐれオレンジ★ロード」も

三角関係を描いた 傑作ラブコメのひとつです

max09




マキトは そうした

歴史的な名作のエッセンスを

どうにかして 後世に伝えなくてはならないという

気持ちを 以前から抱いていました



マキト自身は

長年 ハウツーを書き続けているので

今さら 自らフィクションを創作するのは向いていません

そこで 作家・シナリオライター志望の若者に

「創作の教科書」を残しておきたいと思います



あなたこそが

「君に届け」を超える名作を

創造していくのですヾ(*^▽゜)



☆最新レポート「ストーリー創造の極意」
https://www.dlmarket.jp/products/detail/458936