「セブンティーン」が

昨年実施した 読者3000人アンケートによると

1割の女子に 先生を好きになった経験がありました

特に 私立では

4人に1人の生徒が 先生への恋を経験済みです

ww736-209x300




10代女子が 年上を好きになるのは

脳の構造上 自然なことです



今 女子高生に人気の男優といったら



_SX354_CR39,13,300,400_

山崎賢人(22)


bbe5ac3005e189699f69

福士蒼汰(23)


200x200

菅田将暉(24)



あたりですが

女子高生から見ると

先輩後輩を通り越して

生徒と教師の年齢差です

(ちなみにこの3人はプライベートでも仲良しだそうです)



山崎賢人が

理想の同級生

「2.5次元イケメン」としてブレイクしたのは

20歳を過ぎてからです



現実の男子高生より

大人びているから

理想なのであって

もし 15か16当時に

等身大の男子高生を演じていたとしたら

もっと子どもっぽい印象になってしまったでしょう



現実には

あんなに頼もしい男子高生は存在しませんw



マキト恋愛道場では

歳の差恋愛を推奨する立場ですので

先生を好きになった場合

条件付きながら 応援しています



ただし 現実問題として

未成年と成人との恋愛には

高いハードルがあります



たとえば

22歳の山崎賢人が

17歳のあなたとデートした場合

彼には 未成年者略取の容疑で

逮捕されるリスクがあります(゜ロ゜;ノ)ノ

キスすれば淫行です

法律が 歳の差恋愛の障害となっているのです



今の日本には

「青少年が成人と恋愛する権利」を

守るための仕組みが ほとんどありません

それが人権なのだという認識すらありません



マキト恋愛道場は

青少年の正当な人権を守る

最後の牙城でありたいと思っています



あなたが もし

先生を好きになってしまったとしたら

まず最初にすべきことは

「妻帯者かどうかの確認」です



もし 奥さんや婚約者がいたら

当然 その先生はパスしてください



占い宣伝サイトなどでは

無責任に 略奪愛が推奨されていますが

実際に 略奪愛が成功する確率は

1%未満です

狙って成功させられるものではありません



先生が独身だったら

これは 大きなチャンスです!

同級生と付き合う場合より

ゴールできる確率は高いでしょう♪



とはいえ

焦りは禁物です

校内で話すチャンスは いくらでもあると思いますので

できるだけ 毎日

接点を作りましょう



いわゆる「単純接触の原理」で

毎日会っている異性とは

両想いに発展する確率が高まります

長期休みには 毎日LINEしましょう

※両想いの見極め方!
http://makito.livedoor.biz/archives/50852394.html



両想いになれても

生徒と教師が 公然と付き合うのは難しいし

もちろんデートもできないと思いますが

校内で毎日会えれば

さほど問題にならないはずです



肉体関係などは もってのほかです!

マキト恋愛道場では

カップルのどちらか一方でも

17歳未満の場合

清い関係を「非常に強く」推奨しています



色仕掛けなど 全く必要ありません

スカートを短くすることさえ不要です

これは 誠実な純愛なのです



本当の勝負は「卒業してから」です

卒業後に疎遠になっては 意味が無いので

進学・就職先は できる限り

地元を選びましょう

地元を離れる場合も

帰省時には必ず先生に会いに行ってください



先生から 会いたがるようになれば

作戦は成功です(v^-゜)



なお 歳の差が大きい場合

「親に反対されるのではないか」という

心配があるかもしれませんが

実際は 教員との結婚に反対する親は

それほど多くないかと思います



万が一 うまくいかなくても

あなたはまだ20歳前ですから

いくらでもチャンスはあります!

失うものはありませんから

ぜひトライしてみてください!



また フィクションの世界においても

生徒と教師の純愛を描く作品が

もっとあっていいでしょう



今年 実写映画化される「先生!」の原作では

在学中からヒロイン響と先生が交際し

プロポーズまでされましたが

そんなに簡単なもんじゃありませんw



マンガ家の多くは

たいした恋愛経験がありません

それでいて

たいがいラブコメを描きたがりますから

魂のこもらない

妄想レベルの作品に終わってしまいます



むしろ 実際に

先生への恋を経験した人が

リアルな苦悩を表現したほうが

作品に魂が乗り移り

ずっと 共感を得られるはずです



ラブコメがマンネリ化しているのは

作家の怠慢であって

ラブコメそのものが 終わったわけではありません

まだまだ無限の可能性が眠っているのですヾ(*^▽゜)



☆最新レポート「ストーリー創造の極意」
https://www.dlmarket.jp/products/detail/458936