46fad272529fd8f8b8d1aec7f43377eb_34




BPOが NHKスペシャル

「調査報告 STAP細胞 不正の深層」において

小保方晴子氏への名誉棄損があったことを認定し

再発防止を勧告しました

これは 最も重い処分となります

http://www.bpo.gr.jp/?p=8946&meta_key=2016





☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆



決定の概要

NHK(日本放送協会)は2014年7月27日、大型企画番組『NHKスペシャル』で、英科学誌ネイチャーに掲載された小保方晴子氏、若山照彦氏らによるSTAP細胞に関する論文を検証した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」を放送した。
この放送に対し小保方氏は、「ES細胞を『盗み』、それを混入させた細胞を用いて実験を行っていたと断定的なイメージの下で作られたもので、極めて大きな人権侵害があった」などと訴え、委員会に申立書を提出した。

(中略)

本件放送は、STAP細胞の正体はES細胞である可能性が高いこと、また、そのES細胞は、若山研究室の元留学生が作製し、申立人の研究室で使われる冷凍庫に保管されていたものであって、これを申立人が何らかの不正行為により入手し混入してSTAP細胞を作製した疑惑があるとする事実等を摘示するものとなっている。これについては真実性・相当性が認められず、名誉毀損の人権侵害が認められる。

(中略)

本件放送が放送される直前に行われたホテルのロビーでの取材については、取材を拒否する申立人を追跡し、エスカレーターの乗り口と降り口とから挟み撃ちにするようにしたなどの行為には放送倫理上の問題があった。

(中略)

委員会は、NHKに対し、本決定を真摯に受け止めた上で、本決定の主旨を放送するとともに、過熱した報道がなされている事例における取材・報道のあり方について局内で検討し、再発防止に努めるよう勧告する。



☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆





つまり NHKが

日本国民の莫大な受信料を費やして

「ウソを垂れ流していた」
ことが

ハッキリ認定されたのです



小保方研は 理研内部のユニットです

したがって 小保方研にあった備品の所有権は

全て 理研にあります



小保方さんが管理を引き継いだ備品の中に

ES細胞が含まれていただけであって

これが 窃盗に当たるなら

サラリーマンは全員タイホされてしまいますw



この程度の理屈が分からないほど

NHKの取材陣は 低能の集まりなのですヽ(  ̄д ̄;)ノ

もちろん他のメディアも大同小異です



ちなみに いわゆるSTAP現象は

理研内部でも丹生氏が検証実験で確認しており

ハーバード大やハイデルベルク大の研究グループも

再現に成功しています


http://snjpn.net/archives/4927



しかし 小保方さんをウソつきと決めつけ続けてきた

日本のメディアにとって

「STAP現象が証明されちゃった」

という不都合な真実は 絶対のタブーであり

完全に無視されています



徹底した情報操作の結果 いまや

理研の公式見解である「ES混入説」を信じているのは

日本人だけという有り様です┐('〜`;)┌

この国のメディアは 戦前から変わっていません



マキトのブログやメルマガでは

当初から一貫して

「小保方さんにはウソをつく動機が存在しない」

「したがってSTAP現象も実在するはず」

そのように繰り返し主張してきました





http://makito.livedoor.biz/archives/52001433.html

http://makito.livedoor.biz/archives/51996062.html

http://makito.livedoor.biz/archives/51970357.html

http://makito.livedoor.biz/archives/51962063.html

http://makito.livedoor.biz/archives/51950890.html





世界中が まだ

「オボカタがESを盗んで混入させた」と信じている段階で

この主張を貫くことは

ビジネス的に大きなマイナスであることは明らかでした

途中で沈黙し 過去記事を削除して

何もなかったことにしてしまうこともできたでしょう



しかし 1人の若者が

メディアリンチで社会から抹殺されることを黙認するのは

マキトの「オレ様ルール」に反しています



僕は 細胞生物学については素人ですが

人間心理についてはプロです

それで長年メシ食ってますからw

小保方さんに ウソをつくメリットが存在しないことくらい

すぐに分かります



その確信を裏付けてくれたのは

STAP論文共著者の1人である

故・笹井芳樹氏でした

(NHKスペシャル放送直後に自殺)

377_01




笹井氏は 世界で初めて

ES細胞から角膜や脳組織を作成することに成功した

細胞学の「伝説の巨人」です

世界で最も万能細胞を知り尽くしている人物です



これほどの権威が

最後の最後まで STAP現象を信じていたのですから

当然 STAP現象は存在するに決まっています



世界的権威の笹井氏を信じないで

素人集団のマスコミを信じる方が狂っていますw


科学の世界に多数決はありません

マキトに言わせると

日本人の99%は基地外です



そして何より

セルフイメージ心理学の知識が

僕を 正しい判断に導いてくれました



セルフイメージ心理学では

ウソをつくのは

特に「小悪魔」のセルフイメージの働きであると考えます

男子の場合は「遊び人」です

※小悪魔のセルフイメージとは
http://makito.livedoor.biz/archives/51799300.html



もし STAP現象そのものがウソだったなら

小保方さんの小悪魔セルフは

間違いなく とてつもなく暴走しているはずです



。。。しかし 僕が見るところ

彼女のセルフイメージは

アラサー世代の女子として

ごく標準的なものでした



つまり

体重とかウエストのサバを読むくらいのことはあってもw

世界中を巻き込むようなウソをつけるタイプではありません



笹井氏のセルフイメージも

学者そのものの誠実なバランスで

小保方氏との不倫関係は

「絶対に無かった」と断言できます

ねつ造への加担などありえません



専門家も含め

日本中の ほぼ全ての知識人が

デタラメのかたまりである

「不正の深層」をこぞって絶賛していました



この一点だけをとっても

セルフイメージ心理学を知らずに

メディアの洗脳を防ぐことが

いかに困難であるかが お分かりいただけるはずです



マキトは「恋愛洗脳のプロフェッショナル」です

当然 メディアに洗脳されないすべも知り尽くしています

NHKごときを鵜呑みにするほど やわじゃありません



セルフイメージ心理学においては

ホルモンバランスによる人間の見分け方・タイプ分類を

すでに実用化しています

現代の最先端の性格分類の

さらに数世代先を行っています



セルフイメージ理論をマスターすれば

どんな人間の真贋も

短時間で ズバリと見極めることができるのですヾ(*^▽゜)



「セルフイメージ恋愛学1&2セット」
http://www.dlmarket.jp/products/detail/259065