とうとう 暗殺教室が終わってしまいました。。。(つω`)

劇場版「卒業編」も素晴らしい出来です

ニノは声優としても超一流ですね



今回は 3年E組の卒業を記念して

女子人気ナンバーワンと言われている

赤羽業(カルマ)のセルフイメージを分析します!

11333632_822736627774782_750257674_n




のっけから言ってしまうと

「カルマのファンだ」という女子は

だめんずに引っかかるリスクが高く

注意が必要です



カルマは 少女マンガにもよく登場する

典型的なドS男子として描かれています

「オオカミ少女と黒王子」なら 佐田です

illust_ookami_syoujyo




カルマは 明らかに

人に苦痛を与えることに

快感を覚えるタイプですw

サイコパスの特徴を多く持っています



これは一見

暗殺者に向いているようでいて

実は かなりのマイナスです

ただちに止めを刺さないことで

相手に逆転のチャンスを与えてしまうからです



平常心で暗殺を遂行する渚に

カルマが 一歩及ばないのは

それが原因でしょう



カルマのようなドS男子は

「暴君」のセルフイメージが暴走しています

※男子の代表的5大セルフイメージ
http://makito.livedoor.biz/archives/51799301.html

支配欲・征服欲を

必要以上に満たさないと気が済まないわけです

(カルマの将来の目標は、官僚として政治家を裏から操ること)



こういう男子は 当然

異性のことも「必要以上に」支配しようとします

うっかり付き合ってしまえば

人生を破壊されてしまいます( ̄Д ̄;)



恋愛において

「支配・服従」の関係が

必要になってくることは 否定できません



全ての女性の中には

「奴隷」のセルフイメージが存在します

※女子の代表的5大セルフイメージ
http://makito.livedoor.biz/archives/51799300.html

これは 敗北や服従などで

辱めを受けることによって覚醒し

発情のトリガーとなるのです



カルマのように

スリリングな男子に

なぜか 惹きつけられてしまうのは

それが原因です



。。。しかし これだけでは

動物レベルの「発情」でしかありません

人間の恋愛においては

もっと トータルで

異性を評価する必要があります



異性としては

殺せんせーや烏間(副担任)のほうが

明らかにバランスが取れています



確かに 殺せんせーはいい人過ぎてスリルが無いし

烏間はカタブツですが

カルマよりは はるかにマシですw



烏間も自衛官だけあって

暴君セルフは高めですが

「紳士」や「いい人」のセルフイメージが

人格のバランスを取っています

45139859_480x480




魅力というのは 必ずしも

表面に分かりやすく見えているものとは限りません

しっかり観察眼を磨いてください



ちなみに 暗殺教室で

一番モテると考えられる女子キャラは

ビッチ先生ではなくw

E組のヒロイン・神崎有希子です

45139976_220x242


出番は少なめでしたが お手本になるので

ぜひ確認してみてください!ヾ(*^▽゜)







★気になる彼のタイプを鑑定してみよう!
「セルフイメージ恋愛学1&2セット」
http://www.dlmarket.jp/products/detail/259065