25c46c27




今回は 集団的自衛権関連で

急遽 特別記事をお送りいたします



自民党の武藤貴也衆院議員が

安保関連法案に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」について

「国会前でマイクを持ち演説をしているが、彼ら彼女らの主張は『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく。利己的個人主義がここまで蔓延したのは戦後教育のせいだろうと思うが、非常に残念だ」

とツイートし

国民から 大反発を招いています

PK2015080402100029_size0




この武藤ツイートにこそ

戦争をやりたい人間たちのホンネが現れています



彼らの中では

若者の命は 単なる消耗品であり

「国のために喜んで殺し合いをする」若者を育てることが

彼らの理想なのです



戦争とは

安全な場所に隠れている権力者たちが

自分の利益のために

若者たちに殺し合いをさせることです




個人的に 何の恨みもないのに

ただ国籍が違うだけで

初対面の若者同士が殺し合うのは

どう考えてもバカげています



世界中の若者が

そのシンプルな事実に気づくことこそ

世界を平和にする道なのです



どうしても戦争したければ

権力者同士が 無人島で

撃ち合いでも何でもすればいいでしょう

安全地帯に隠れている卑怯者が

若者を戦地に送り出す資格など 無いのです



武藤議員は

「世界中が助け合って平和を構築しようと努力している中に参加することは、日本に課せられた義務であり、正義の要請だ」

と主張していますが

それは 集団「安全保障」の話であって

今 法整備が進められている

集団的「自衛権」とは 無関係です

典型的な議論のすり替えです



急いで法整備を進める理由として

自民党は 中国の脅威を挙げていますが

万が一 中国軍が

日本の領土に侵攻してきたとしても

それは 従来から認められている

「個別的」自衛権で対処できる問題であり

集団的自衛権は やはり関係ありません



このように

問題を整理していくと

今 慌てて

集団的自衛権を進める必要は

どこにも無いことが分かります



では なぜ

安倍総理がこれほど法案成立を急ぐかというと

自民党の支持母体である

「神道政治連盟」のプレッシャーが大きいとみられます



神道政治連盟は

神社本庁の政治部門団体であり

300名を超える自民党議員が加盟しています

これは 自民党国会議員のうち

4分の3の割合にもなります

★神政連国会議員懇談会
http://www.sinseiren.org/ouenshiteimasu/ouensimasu.htm



もちろん 今回話題の

武藤議員も参加しています

代表は 安倍総理その人です



つまり いまや

「自民党 = 神道政治連盟」

と言ってもいいくらいなのですが

これは日本最大のタブーですので

マスコミも この事実を

ほとんど報じることはありません



神道政治連盟の目的は

日本を 戦前のような

天皇主権国家に戻し

国家神道を復活させることです

。。。マンガに出てくるような(笑)

悪の黒幕そのものなのです



ただし ネトウヨの皆さんには

申し訳ないのですが

今 進められている法整備では

すぐに 自衛隊を

海外に派遣することは

難しいでしょう



憲法解釈の変更については

連立与党である公明党が頑強に抵抗したため

「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生したことにより、我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」

に限り 自衛隊の参戦が

認められることになりました



しかし たとえば

米軍や米本土が攻撃されることで

日本が危機に陥るとは考えられず

実質は骨抜きの法案です



自民党としては

単独過半数の議席を獲得したら

ただちに公明党との連立を解消し

本格的な海外派兵の道を開きたいはずです



安倍総理も いまや

神道政治連盟の「飼い犬」に過ぎません

黒幕をつぶさなければ

日本に真の平和は訪れません



最大の問題は

全国の神社が力を合わせて

戦前の「大日本帝国」を

本気で復活させようとしている事です



彼らには

21世紀の現実など眼中にありません

ただ 歴史を

巻き戻そうとしているだけです



常識で考えて

民主制から君主制に戻る国家などありえません!

神社本庁は

マンガチックな政治的野心を捨てるべきです



そこで 僕が

皆さんに呼びかけたいのが

全国の神社に対する抗議運動と

参拝ボイコットです



お賽銭が 自民党の支援に

流用されていることに

納得いかない人は もともと多いでしょう



第一 神様は

人間界のお金なんていらないはずなので(笑)

お賽銭なんて もともと不要なのです

アマテラス(太陽)に向かって

手を合わせれば十分です



そもそも

神の名を語って

カネ儲けしているような宗教団体に

本物の神様がいるわけはありません



神社の維持管理費は

その大半が 参拝客からのお賽銭ですから

ボイコット運動が広がれば

ダメージは大きいはずです

そうなれば 神社本庁も

方針を変えるしかなくなるでしょう



自民党員の平均年齢は

80歳を過ぎていると言います

そんな古ぼけた老人たちに

世界を変えることはできません



世界を平和にできるのは

皆さん若者たちだけなのです



※特別記事の転載を許可します





↓SEALDs(シールズ)のサイトはこちら。マキトも応援してます!!
http://www.sealds.com/







※関連記事

貴女が首相になってください!
http://makito.livedoor.biz/archives/51855467.html

究極のタブー「日本人慰安婦」の知られざる実態
http://makito.livedoor.biz/archives/51935116.html

神社は巨大カルトと化している
http://makito.livedoor.biz/archives/51956530.html

靖国神社の正体
http://makito.livedoor.biz/archives/51943332.html

「神様が神社にいる」って誰が決めたの?
http://makito.livedoor.biz/archives/51950878.html

明治神宮も靖国神社も新興宗教だった!!
http://makito.livedoor.biz/archives/51914233.html