_SL500_AA300_




今回は グランドジャンプで新シリーズの連載が始まった

「怨み屋本舗」のヒロイン

怨み屋(宝条栞)のセルフイメージを解説します!

↓立ち読みできます
http://grandjump.shueisha.co.jp/original/uramiya_evil1/



cap125


木下この実主演のドラマのほうが有名かもしれませんが

原作はマンガです

マキトは両方全部観ました

アニメ化も期待してます!



「怨み屋本舗」は

復讐代行業をテーマとした

シリーズ通算50巻に達している

ロングヒット作品です



怨み屋は 高額で依頼を受け

工作員も駆使して

ターゲットを「実質的殺害」か

「社会的抹殺」で葬り去ります((;゜Д゜))

女ゴルゴ13みたいなものです



怨み屋は完全に女王セルフが暴走しています(笑)

そうでなければ

お金で殺人を請け負うことなんてできませんよね

口では「暴力は使わない」と言いながらも

けっこう空手で相手をボコボコにしています

キレ安い性格です(笑)



普段は黒ロングのウィッグで変装していますが

本当はショートカットをかなりブリーチしています

これも女王タイプが好むヘアスタイルです

1158256734




彼女には 恋人はいません

(元恋人の同業者も抹殺した)

実際 かなりの美女として描かれていますが

男としては絶対に付き合いたくないタイプです(笑)



ただし 物語の主役としては

文句無く魅力的です



「怨み屋本舗」シリーズには



「主役が悪党」

「ギャップ」

「リベンジ」

「雑学」



などなど

ヒット作の共通要素が盛り込まれています



ちなみに これらの要素を極めれば

「誰でも面白いシナリオを作る」

ことが可能になります

(マキトはシナリオ作りも勉強していました)

詳しくは 近々 無料で発表しようと思っています



また 怨み屋は

美女でありながら

ハニートラップ(色仕掛け)は使いません

服装もほとんどスーツパンツで

スカート姿は記憶にありません



このことから

乙女セルフは高めであるものの

小悪魔セルフや奴隷セルフは

低いと考えられます

犯罪組織のボスですから

もちろん幼児セルフも感じられません



フィクションのキャラクターに

セルフイメージがあるかという疑問をお持ちかもしれませんが

全てのキャラは 作者のセルフイメージの分身なので

実在の人物と同じように

分析が可能なのです



ちなみに マキトのお気に入りは

第2部の主役だった巣来間風介です

本当に面白い作品なので

ぜひ読んでみてくださいね!ヾ(*^▽゜)