今回は 受験生の方も必見ですよ!



文部科学省の2013年度「学校基本調査」によると

正規就職率の高い学部は

このような順位になっていました



まず 男子から見ていきましょう



1位 看護学
2位 医学
3位 船舶工学
4位 土木建築工学
5位 薬学
6位 機械工学
7位 繊維工学
8位 経営工学
9位 農業経営学
10位 航空工学




このように 医療系及び工学系が

上位を独占する結果となりました



最も一般的な

社会学・法学・人文学系は

平均に見たない就職率でした

完全な「理高文低」です



特に厳しいのが 教育学部で

正規採用されるのは 卒業生の半数ほどです(++;)

いまや 非常勤講師を何年も続けながら

採用試験合格を目指すのが当たり前になっています

教員を目指すのは 相当な覚悟が必要です



このデータから

今の時代 社会に出ると

「理系男子」が圧倒的に強いという現実が見えてきます



特に 就職率との相関性を見ると

偏差値より 出身学部のほうが

はるかに重要です

1位の看護など

入学偏差値50未満の学部がいくらでもあります



有名大卒にこだわって男子を探すのは

あまり意味が無かったのです



続いて 女子の就職率も見ていきましょう



1位 看護学
2位 医学
3位 機械工学
4位 農業経営学
5位 薬学
6位 土木建築工学
7位 応用化学
8位 経営工学
9位 農芸化学
10位 電気通信工学




ind_img_mainvisual















女子の場合も 理系有利の傾向は変わりません

ただ全体的には 男子より

やや就職率が高くなっています



やはり 特別に

高い偏差値が必要な学部ばかりではないので

受験生の方は

「ムリせず入れて、就職に強い学部」を探すことに

全力を注いでください



マキト恋愛道場は 女子のための

真の教育機関なのですヾ(*^▽゜)





↓↓↓マキト恋愛道場・公式メルマガ↓↓↓

メルマガ購読・解除